当ショップでは2009年7月以後、特殊研磨工法を採用しています
全体バランスを考慮し塗装を極力削らずに艶を引き出します。

傷を消す為に塗装を削り過ぎるとデメリットが大きい
 
→ 削ってしまった塗装は元に戻せません。
→ 塗装を削り過ぎれば塗装強度が下がります。
→ 研磨する以上、研磨傷がゼロになることはありません。
→ 適正な研磨を行わないとコーティング性能に影響します。
→ 一般的な硬化皮膜系コーティング剤では減った膜厚は補充できません。

傷を消すには傷の深さ以上に削る必要があります
通常の研磨工程では傷を消すために、粗めのバフと研磨剤を使い一旦傷の深さ以上に塗装を削ります。削ったために出来た研磨傷を次工程で消しながら更に塗装を削り、この工程を何工程か行い傷のない塗装表面に仕上げて行きますが、傷がなくなった以外に塗装にとっては何のメリットもなく逆にマイナスになった状態であることが事実です。その後、どんなに高性能だと言われる硬化皮膜系コーティング剤を施工しても削って薄くなり強度のない状態では現実的にお客様が望むほどの性能が発揮出来ていないのが事実ではないでしょうか?特に最新の塗装は純正塗装から膜厚が薄く今まで以上に削るという工程が難しくなっているのも事実です。多く行われている「鏡面仕上げ」や「塗装肌」を変えてしまうような研磨方法は塗装にとって何のメリットもありません。

ただ傷を消すのではなく磨いた形跡を残さない技術
多く存在するプロショップ、コーティングを片手間で行っているガソリンスタンド、整備工場、板金塗装業者、そしてカーディーラーの中には新車であるにも関わらず傷はそのままにコーティングをし、傷があるからとシングルポリッシャーや紙ヤスリなどで研磨し今まであった傷は消したが新たに自分が磨いた傷を付けたままコーティングする施工業者も少なくありません。実際これでは何のためにコーティングをするのか?例えば新品の商品に傷があれば価値は下がります。新車であっても同じではないでしょうか?傷や磨き傷が新車にあることは新車として価値のあるものなのでしょうか?使用車であっても現在ある傷を消しても新たに磨いた傷を付けたままコーティングするということは、決してプラスになった光沢とは言えないと思います。「プロ」と言うならばコーティングを施工するには、現状の傷を消し磨いた形跡を残さず仕上げる技術がとても重要なことだと思います。

塗装を極力削らず傷を消していく工法とは

傷の深さ以上に削らない特殊な研磨技術
→ 塗装を極端に削らないための専用ポリッシャーを使用します。
→ 研磨傷を極力入れない研磨技法のため、塗装を削りすぎません。
→ 研磨行程が極端に少ないため必要以上に塗装を削りません。
→ 塗装に優しい商材を使用するので塗装にダメージを与えません。
→ 特殊工法をマスターした技術者が施工します。

純正の塗装を壊さずに傷だけ消す技術です