洗車時の注意事項

  • 炎天下での洗車は避けてください。
    ご家庭のシンク回りなど白くなるのは水道水の塩素です。ボディーが熱い時に洗車をしますと乾きが早く塩素により白シミができます
    お風呂場で石鹸カスやシャンプー等が乾き残留することで汚れ固着の原因となるように、車も水道水やシャンプーが乾きボディー上に残留すると、そこに汚れが入り込みますので、炎天下での洗車は避けて下さい。

  • 優しく洗い流してください。
    洗車を行う時は、まず車全体にたっぷり水を掛けながら、しっかり泡立てたシャンプーと柔らかいスポンジにてボディー全体を優しく洗い流してください。

  • スポンジ等で表面を洗い流してください。
    コイン洗車場などの高圧スチームだけの洗車ではボディー表面の大きな汚れを落とすだけで固着している汚れは流しきれていませんので、必ずスポンジ等で表面を洗い流した後、柔らかいクロス等にて優しくふき上げて下さい。

  • 乾燥した状態で拭かないでください。
    ボディーに水を掛けず、湿らせただけのタオル・雑巾等でボディー表面を拭き上げますと付着している砂・ホコリ等でコーティング層を傷つける為(紙やすり等で塗装面を削るようなイメージです)一瞬にしてコーティング効果を失いますので絶対に行わないようにしてください。

他の注意事項など

  • 黄砂・花粉・鳥糞は早めに除去して下さい。
    黄砂・花粉・鳥糞共にアルカリ成分を多量に含んでおります。アルカリはコーティングや塗装を浸食しますので早めに洗い流してください。

  • 水分のふき取り方法
    セーム皮・合成セーム皮・マイクロファイバーウエス等をお使い下さい。
    決してタオル・雑巾は使用しないで下さい。洗車キズの原因となります。

  • これらはコーティング施工車両に限らず全ての車に於いて洗車の基本となります。
    『施工証明書』をご確認下さい。

  • 一年に一度のメンテナンスでコーティング効果を最大限発揮させる事が出来ます。
    メンテナンス内容:異物処理/鉄粉処理/蓄積物処理/コーティング層の上塗り等、濃色車の場合は半年に一度のメンテナンスが理想です。

  • 撥水系コーティングを施工されたお客様へ
    撥水性能は日数の経過により、しだいに弱まってきますが、これはコーティング皮膜の有無とは別問題です。専用クリーナーもしくはType-PSシャンプーを使う事で撥水状態を取り戻す事は可能です。専用クリーナー/Type-PSを定期的に、ご使用ください。